2017年10月25日水曜日

池田学(いけだまなぶ)展

終わってしまいましたが、先日日本橋高島屋で開催されていた
「池田学展」に行ってきました。

池田学展

彼の名前は聞いたことがなくても、
きっと作品を目にしたことなる方も多いのではないでしょうか。

彼の作品の特徴は、とにかく緻密なところ。
カラーインクと1mmにも満たない極細のペンを使い、
気が遠くなるほど無数に線を描き重ねることで、
驚くほど緻密かつ立体的に作品を創り上げていきます。
あまりに緻密な作業のため、1日で作業できるスペースは10㎠程度とも言われるようです。

1973年生まれという同年代のせいか、
昔の作品からは、きっと同じものを見て育ったのだろうという、
ちょっとしたシンパシーのようなものも感じることができました。
が、もちろん彼のような緻密さと独創性を兼ね備えた作品群には
とにかく圧倒されため息が出そうです。


池田学展

この展覧会の最後に飾られている作品「誕生」は撮影が可能です。
iPhoneでの撮影なので、作品の細部を見せられないのが悔やまれます。


池田学展

あまりに緻密なので、鑑賞の際には双眼鏡持参をお勧めします。
双眼鏡?とお思いでしょうが、持って行ってよかったと必ず思いますよ。(笑)
お近くで観る機会のある方、必見ですよ!

2 件のコメント:

appidas さんのコメント...

緻密!!驚き!!・・
(お詫び)前記事はマニアすぎて反応できなかった。。
でも、熱は伝わってますよ!

ライダー☆キッド さんのコメント...

>appidasさん
前記事はマニア度が高すぎて、多くの方が理解不能だったと思われます。(笑)
今後も時折熱くなりすぎりる記事もあるかと思いますが、懲りずによろしくお願いします。